新型コロナウイルスに関する声や要望をお寄せ下さい

「自粛はいつまで続くのか」「補償はどうなるのか」と、不安の声が私たちのところに多く寄せられています。

党として愛知県に対して、中小企業支援の協力金の拡充と、家賃など固定費の補助を緊急に要請しました。これまで愛知県に対して、7回にわたって申し入れを行ってきましたが、これからもみなさんの声を届けて、命と健康、くらしを守るために全力をあげていきたいと思います。

この間、みなさんの声が政治を大きく動かしています。安倍政権は対象になる人がきわめて少ない給付にとどめようとしていました。しかし、国民からの厳しい批判を受けて補正予算を組み替えて、日本共産党を含む野党が要求していた一律10万円の給付が実現しました。

愛知県は4月に休業要請の協力金を50万円支給すると発表しましたが、発表した当初は商業施設などは床面積1000平方メートル超が対象で、休業も17日からしないと対象にならないというものでした。
これに対して、小規模事業者を中心に抗議の声が殺到し、党の対策本部にも相談が相次ぎました。すぐに県に対して面積基準を撤廃し、休業が間に合わなかったところも対象にすべきだと要請しました。その結果、県は面積基準を撤廃し、商業施設などは休業開始も23日からとなりました。
これからもご一緒に政治を変えていきましょう。

みなさん、本当に大変ななかですが、どうかひとりで悩まず、ぜひ日本共産党までご相談ください。みなさんが困っていることや不安に思うこと、行政への要望をお寄せください。

 

新型コロナウイルスに関する声や要望は、下記のメールアドレスまでお願い致します。

 

 

 

 

また、「新型コロナウイルス感染症についてのアンケート」にもご協力をお願い致します。

 

 

 


申し入れ、声明