愛知14区 安間ひろこ

ごあいさつ

安間ひろこ

私は、旧一宮町議2期、豊川市議会議員5期22年目の、地方議員です。痛感するのは、住民の多くの困難・課題は、国の政策と直結し、1自治体だけでは解決できないということです。例えば、豊川市は国のコンパクトシティ構想で膨大な税金投入の計画、新城市は合併後8200人の人口減少が止まらない。東栄町では病院が診療所化で透析が廃止となり、患者さんは他県も含めた50㎞の通院を余儀なくされている。一方、環境破壊の2400億円の設楽ダム建設…。私は、市民と野党、そして心ある保守のみなさんとの新しい連合政権をつくりたい。そして税金の使いみちを根本から変えていきたいのです。よろしくお願いします。

 

プロフィール

1968年和歌山県生まれ。新城東高校卒。
劇団希望舞台。豊橋市職員労働組合書記。旧一宮町議2期。現在、豊川市議5期目。