愛知12区 牧野 次郎

ごあいさつ

牧野 次郎

私は西尾市議を5期つとめ、市民の暮らしを守るために力を尽くしてきました。だからこそ、安倍政権がすすめる年金削減や介護・医療の負担増など社会保障の切り捨ては許せません。

野党と市民の共闘で安倍政権を退陣に追い込み、だれもが安心して暮らせる社会に変えたいと決意しました。全力でがんばります。

 

プロフィール

1957年西尾市生まれ。
中部工業大学建築学科卒業後、名古屋市の建設会社に勤めるも、半年後に両親の病気により家業の作業服小売業を継ぐ。
1991年から2013年まで西尾市議5期。政治のモットーは「弱い人にこそ政治の光を」。
趣味は読書。妻や息子家族と6人同居。
現在、日本共産党西三河地区委員長代理。